トップへ
JLPPとは / Message from JLPP

JLPP(Japanese Literature Publishing Project)とは

現代日本文学の翻訳・普及事業(Japanese Literature Publishing Project)は、日本国文化庁が、現代日本文学の魅力を海外へ発信・普及するために、2002年に立ち上げたプロジェクトです。

現在プロジェクトは、現代日本文学の優れた翻訳家の発掘・育成を目的とした「JLPP翻訳コンクール」および「JLPP翻訳ワークショップ」を中心に活動を進めています。
2010年に第1回JLPP翻訳コンクール(対象言語/英語、独語)がスタートし、2019年は第4回(対象言語/英語、露語)が開催されており、2020年には第5回(対象言語/英語、独語)の開催を予定しています。

また、コンクール受賞者を対象とした翻訳ワークショップ(日本滞在型ワークショップ)では、文芸翻訳家や作家による翻訳講義や翻訳出版に関するセミナーを開催し、文芸翻訳家への道を支援しています。さらに、世界各国の翻訳家や日本文学研究者、作家、海外出版社編集者を招聘してシンポジウムやフォーラムを同時開催し、現代日本文学のネットワーク構築にも力を入れています。


About the JLPP

The Japanese Literature Publishing Project (JLPP) was founded in 2002 by the Japanese Agency for Cultural Affairs, in order to promote awareness and appreciation of contemporary Japanese literature.

Today, the project’s core focuses are the JLPP International Translation Competition and the JLPP Translation Workshop, both geared toward discovering and fostering emerging translators of contemporary Japanese literature. The 1st JLPP International Translation Competition was held back in 2010 (target languages: English and German), while 2019 marks the fourth installment of the competition (target languages: English and Russian), with a fifth installment planned for 2020 (target languages: English and German).

At translation workshops hosted in Japan, the JLPP offers prizewinners practical guidance on building a career in Japanese translation through masterclasses with literary translators and Japanese authors, and through seminars on publishing translation with editors from the publishing industry. Further, in an effort to create a network around contemporary Japanese literature, the JLPP hosts international translation symposiums and forums, where authors, translators, editors, and scholars of Japanese literature from around the world exchange ideas and discuss their work.