Sabine Mangold
 
1957年生まれ。ベルリン自由大学で美術史と日本学を専攻。新潟大学で3年間ドイツ語を教えた後、フリーランスの翻訳家となり、文学作品や映画の吹き替えなどを手がけている。JLPP作品では、高橋克彦『写樂殺人事件』(共訳)、池澤夏樹『花を運ぶ妹』を翻訳。
return
第3回JLPP翻訳コンクールFRANKFURT BOOK FAIR