Inan Oener
 
1974年生まれ。アンカラ大学で日本語と日本文学を学び、学位を取得。1996年文部省(当時)奨学金を得て来日。東京大学大学院で修士号を取得後、トルコ、日本、両国の詩歌の翻訳を手がける。詩人、映画制作、アートキュレーターとしても活躍。翻訳作品に柄谷行人『日本近代文学の起源』(共訳)がある。JLPP作品では池澤夏樹『花を運ぶ妹』を翻訳している。
return
第3回JLPP翻訳コンクールFRANKFURT BOOK FAIR