Jefferson José Teixeira
 
リオデジャネイロの日伯文化協会で4年間日本語を学習した後、リオデジャネイロ連邦大学で日本語と日本文学を学ぶ。その後、政府留学生として来日し、経済学を学ぶ。翻訳作品は谷崎潤一郎『鍵』『痴人の愛』、村上春樹『ノルウェイの森』、夏目漱石『吾輩は猫である』、井上靖『猟銃』、井伏鱒二『黒い雨』など多数。JLPP作品では池澤夏樹『花を運ぶ妹』を翻訳している。
return
第3回JLPP翻訳コンクールFRANKFURT BOOK FAIR