Alexey V. Zinov
 
1973年、サンクトペテルブルク生まれ。サンクトペテルブルク大学東洋学部日本語学科卒業後、日本政府の国費留学生として北海道大学で日本の古典文学を学ぶ。1998年より翻訳家として活動を始め、2005年に第5回しずおか世界翻訳コンクールにて最優秀賞を受賞。JLPP作品では小池真理子『無伴奏』、黒井千次『一日 夢の柵』を翻訳している。
return
現代日本文学翻訳国際フォーラム2018JLPP翻訳ワークショップ2018