Paul Warham
 
20世紀の日本文学を代表する谷崎潤一郎の初期作品に関する論文によりハーバード大学で博士号を取得。文芸書から児童書まで幅広く翻訳を手がける。JLPP作品では北方謙三『檻』(The Cage/Vertical Inc.)、安土敦『小説スーパーマーケット』(Supermarket/Thomas Dunne Books ST. MARTIN’S PRESS) 、保坂和志『プレーンソング』(Plainsong/Dalkey Archive Press)、青来有一『爆心』を翻訳。
return
第3回JLPP翻訳コンクールFRANKFURT BOOK FAIR