Patrick Honnoré
 
フランス・マルティーグ生まれ。プロヴァンス大学で現代文学を専攻し、1988年修士号を取得。その後来日し、東京大学で比較社会学を学ぶ。企業やハイチ大使館に勤務後、フリーの翻訳家として日本の小説をフランス語に翻訳している。JLPP作品では夢野久作『ドグラ・マグラ』、又吉栄喜『人骨展示館』、内田百閒『冥途・旅順入城式』、江國香織『神様のボート』、古川日出男『ベルカ、吠えないのか?』を翻訳。
return
第3回JLPP翻訳コンクールFRANKFURT BOOK FAIR