Verena Werner
 
1945年生まれ。チューリヒの翻訳学校に学んだ後、日本に14年滞在し、語学学校でドイツ語を教える傍ら、神戸大学に学ぶ。スイス帰国後は日本学、ドイツ研究、中国学で修士号を得る。2001年からチューリヒ大学で研究員としてまた講師として務め、2003年に博士号を取得。金井美恵子、大江健三郎、水上勉らの作品を翻訳。JLPP作品では水上勉『雁の寺』、太宰治『お伽草紙』を翻訳している。
return
第3回JLPP翻訳コンクールFRANKFURT BOOK FAIR