翻訳作品紹介
作家紹介
谷川俊太郎
 
谷川俊太郎(1931~)は、東京都出身。詩人、翻訳家、絵本作家、脚本家。高校時代より詩作を始め、詩誌『金平糖』に詩を発表。'50年には『文学界』に「ネロ他五編」が掲載され、'52年に処女詩集『二十億光年の孤独』を刊行した。その後も脚本や作詞、評論、翻訳等幅広く活動し、'62年には「月火水木金土日のうた」で第4回日本レコード大賞作詞賞を、また'75年には『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞を受賞している。
主な受賞
1975年 日本翻訳文化賞 『マザー・グースのうた』
1982年 読売文学賞 『日々の地図』
1985年 現代詩花椿賞 『よしなしうた』
1993年 萩原朔太郎賞 『世間知ラズ』
2008年 詩歌文学館賞 『私』 
return
第3回JLPP翻訳コンクールFRANKFURT BOOK FAIR