翻訳作品紹介
作家紹介
舞城王太郎
 
舞城王太郎(1973~)は、福井県南越前町出身。小説家。出身地の福井を舞台にすることが多く、また作品のほとんどのイラストレーションは舞城自身の手による。ミステリ小説『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞してデビュー。2002年の第15回三島由紀夫賞候補となった短編「熊の場所」から純文学にも活動の幅を広げ、03年に『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞した。
主な受賞
2001年 日本推理作家協会賞候補 「ピコーン!」
2002年 第15回三島由紀夫賞候補 「熊の場所」
2003年 第16回三島由紀夫賞 『阿修羅ガール』
return
第3回JLPP翻訳コンクールFRANKFURT BOOK FAIR