翻訳作品紹介
作家紹介
太宰 治
 
太宰 治(1909~1948)は青森県北津軽郡出身。小説家。17歳の頃に「最後の太閤」を書き、同人誌を発行するなどして作家を志す。東京帝国大学文学部仏文科に入学するも、小説家となるべく井伏鱒二に弟子入りする。1935年に発表した「逆行」が第1回芥川龍之介賞の候補となる。高校時代から何度も自殺未遂を繰り返していたが、'38年に結婚し「富嶽百景」「駆け込み訴へ」「走れメロス」などの優れた短編を発表。戦時下にも『津軽』『お伽草紙』などの創作活動を続け、'47年発表の長編小説『斜陽』で流行作家となるも、『人間失格』『桜桃』を書き上げた後、山崎富栄と入水心中をした。 
return
第3回JLPP翻訳コンクールFRANKFURT BOOK FAIR