現代日本文学の翻訳・普及事業 | Japanese Literature Publishing Project (JLPP)

文化庁 / Agency for Cultural Affairs.
文化庁は活字文化のグローバル発信・普及事業の一環として、日本の文学作品の優れた翻訳家を発掘・育成することを目的に第9回JLPP翻訳コンクールを開催します。今回から、さらに日本文学の魅力を広く伝えるべく、現代文学部門に加え、古典文学部門を新設しました。第9回では現代文学部門は英語とドイツ語、古典文学部門では英語が対象言語となります。本コンクールの受賞者は翻訳家として第一線で活躍しています。それに続く、多くの応募をお待ちしています。

第9回JLPP翻訳コンクールチラシ

画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

第9回JLPP翻訳コンクールへの応募はこちらからアクセスしてください。

・応募方法 (1)~(5) を確認してから送信してください。

・下記ドメインからのメールが受信できるように、迷惑メール設定から解除、
 
もしくは受信設定をしてください。 ≫ @jlpp.go.jp

第9回JLPP翻訳コンクール
応募フォーム
6月1日(土)13:00 〜
6月30日(日)23:59(日本時間)

課題作品

現代文学部門

小説
井戸川射子 著
「マイホーム」
評論・エッセイ
岸本佐知子 著
「カブキ」「七月の私」「父 セリフ三選」

課題作品は、以下からダウンロードしてください。
井戸川射子 著「マイホーム」
岸本佐知子 著
「カブキ」「七月の私」「父 セリフ三選」

古典文学部門

小林一茶
俳文3点
「乞食の出産祝」「瘦せ桜」「田守の翁」

課題作品は、以下からダウンロードしてください。
「乞食の出産祝」「瘦せ桜」「田守の翁」

現代文学部門の英語及びドイツ語、古典文学部門の英語の最優秀賞及び優秀賞の受賞者には、賞金(最優秀賞100万円、優秀賞25万円)、賞状及び賞牌を授与します。

受賞者には2025年1月末日の発表前に直接、結果を通知します。またホームページにおいて、受賞者の翻訳作品、審査評を掲載します。

受賞者は、JLPPの企画するワークショップなどの翻訳者育成事業等プログラムに招待します。

応募の流れ

  • 応募受付
    2024年6月1日(土)
    ~ 6月30日(日)
  • 審査
    (一次審査・本審査)
    2024年7月~12月
  • 受賞者発表
    2025年1月
  • 授賞式
    2025年2月

実施要項

応募期間 2024 年 6 月 1 日 (土) ~ 6 月 30 日 (日) ※日本時間
目的 我が国の優れた文学作品を翻訳して世界に発信し文学水準の一層の向上を図るとともに、将来を担う翻訳家の育成等を目的とします。
応募資格 国籍、年齢は問いません。ただし、本事業の主旨が、翻訳家を目指す者の育成であることから、翻訳作品の単行本(共訳を含む)の出版経験を有する者は応募できません。なお、雑誌・アンソロジー等での掲載経験は可とします。
言語及び課題作品
【現代文学部門】
言語: 英語/ドイツ語
課題作品:
[小説]井戸川射子 著「マイホーム」
[評論・エッセイ]岸本佐知子 著「カブキ」「七月の私」「父 セリフ三選」
上記の小説1点と評論・エッセイ3点の合計4点の提出が必要です。
【古典文学部門】
言語: 英語
課題作品:
小林一茶 俳文3点「乞食の出産祝」「瘦せ桜」「田守の翁」
上記の俳文3点の提出が必要です。
応募方法

(1)ホームページ経由での伝送による応募
下の「第9回JLPP翻訳コンクール」から、「応募専用ページ」のバナーをクリックすると、応募手順が示されます。詳細な手順や制約については、この応募専用ページを参照してください。この応募専用ページは2024年6月1日に開設します。尚、Eメールによる添付・送信等は不可とします。

(2)上記応募方法以外の方法で提出された応募は受け付けません。

(3)応募原稿データは、A4サイズまたはレターサイズ/縦長、横書き、約32行(ダブルスペース)/1枚、文字は12ポイント、フォントはTimes New Roman、左右に1.5cm以上の余白で作成し、総ページ数及び通し番号を記入してください。以上を基準としますが、ソフトによる多少の相違は許容します。
上記の方法で作成したものを、PDFデータに変換してください。尚、PDF変換による、誤った文字の変化は応募者側で確認、修正してください。

(4)原稿には翻訳者の氏名を記入しないでください。

(5)原則として提出物に不備があった場合には受け付けませんが、やむを得ない事情であると認められる場合は個別に対応します。

審査方法

(1)一次審査を実施し、通過者の作品を審査委員が出席する審査会議において審査し、受賞者を決定します。

(2)最優秀賞は、特に優れた翻訳を行った翻訳家(個人)を対象とするもので、各部門の各言語において1名以内を原則とします。

(3)優秀賞は、優れた翻訳を行った翻訳家(個人)を対象とするもので、各部門の各言語において2名以内を原則とします。

(4)奨励賞は、将来が期待される翻訳家(個人)を対象とするもので、最優秀賞または優秀賞の対象者が上限に達しない場合であって、審査会議において特に推薦があったときに、最優秀賞または優秀賞の対象人数の範囲内において決定します。

(5)本コンクールで、過去に最優秀賞を受賞した者は、原則として賞の対象となりません。

審査委員

現代文学部門
英語
Polly Barton
©Garry Loughlin
Polly Barton
日本文学翻訳家
Michael Emmerich
Michael Emmerich
日本文学翻訳家、
カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授
Sthephen Snyder
Stephen Snyder
日本文学翻訳家、
ミドルベリー大学教授
ドイツ語
Katja Cassing
©Michaela Weber
Katja Cassing
日本文学翻訳家、
cass verlagパブリッシャー
Eduard Klopfenstein
Eduard Klopfenstein
日本文学翻訳家、
チューリヒ大学日本学名誉教授
Asa-Bettina Wuthenow
Asa-Bettina Wuthenow
日本文学研究者、翻訳家、通訳者、
ハイデルベルグ大学日本学科准教授
古典文学部門
英語
Janine Beichman
Janine Beichman
日本文学研究者、翻訳家、
大東文化大学名誉教授
Peter MacMillan
Peter MacMillan
翻訳家、詩人
森山 恵
森山 恵
詩人、翻訳家