第3回JLPP翻訳コンクール
ちらし
第3回JLPP翻訳コンクール応募の皆さまへ
第3回JLPP翻訳コンクール応募作品の郵送先が決定いたしましたので、お知らせいたします。
郵送先は、「個人情報保護法」に対応して決定されましたので、JLPP事務局の住所とは異なりますのでご注意ください。
また、応募作品は、課題作品の小説部門1編、評論・エッセイ部門1編の合計2編となります。
応募の受け付け期間は2017年6月1日(木)~7月31日(月)です。
その他、応募についての規定についてはサイト内の要項でご確認ください。
●応募作品郵送先
(英語表記)
JLPP Office
T&K bldg
3-40-7, Kitaya,
Souka-shi, Saitama 340-8501
Japan
(日本語表記)
〒340-8501
埼玉県草加市北谷3-40-7
ティ・アンド・ケイパッケージ内
JLPP事務局
第3回翻訳者育成事業(翻訳コンクール)の実施について
文化庁では、文芸作品の優れた翻訳家を発掘・育成するため、翻訳コンクールを以下の通り実施します。
  1. 応募資格
    国籍、年齢は問わない。ただし、翻訳作品の単行本の出版経験を有する者は応募できない。雑誌等での掲載経験は可とする。
  2. 応募方法
    • 専用の応募用紙をホームページよりダウンロードし、必要事項を記入する。
    • 翻訳作品は、データ(CD-ROM)と出力したものを指定場所へ応募用紙とともに送付する。郵送先は2017年4月以降にJLPPホームページ上で発表する。
    • 出力は、A4サイズ又はレターサイズ/縦長、横書き、32行/1枚、文字は12ポイント、フォントはTimes New Roman、左右に1.5cm以上の余白、総ページ数及び通し番号を記入する。
    • 翻訳者の氏名は原稿には記入しない。
    • Eメール等、郵送以外の方法で提出された応募は受け付けない。
    • 提出物に不備があった場合には原則的に受け付けないが、やむを得ない事情のある場合は個別に対応する。
    • 提出物の返却はしない。
  3. 期間
    作品受付期間
    平成29年6月1日(木)〜7月31日(月)当日消印有効
  4. 課題作品
    (1)小説部門
    「蛾」
    江國香織
    (2)評論・エッセイ部門
    「銀座アルプス」
    寺田寅彦
    課題作品は、以下からダウンロードしてください。
    小説部門
    評論・エッセイ部門
    希望される方には冊子を郵送しますので、下記問合せまでご連絡ください。
  5. 翻訳点数
    小説部門、評論・エッセイ部門の各1点、計2点
  6. 翻訳言語
    英語またはフランス語
    • 賞は、最優秀賞、優秀賞を決定し、賞状及び副賞を授与。
    • 最優秀賞は、特に優れた翻訳を行った翻訳家(個人)を対象とするもので、各言語1名以内を原則とする。
    • 優秀賞は、優れた翻訳を行った翻訳家(個人)を対象とするもので、各言語2名以内を原則とする。
    • 過去に本コンクールで最優秀賞を受賞した者は、原則として賞の対象としない。
  7. 審査委員
    英語/
    髙橋和久(英文学者、東京大学名誉教授)
    Stephen Snyder(翻訳家、日本文学研究者、ミドルベリー大学教授)
    Janine Beichman(翻訳家、日本文学研究者、大東文化大学名誉教授)
    Michael Emmerich(翻訳家、日本文学研究者、カリフォルニア大学ロサンゼルス校上級准教授)
    フランス語/
    松浦寿輝(フランス文学者、詩人、小説家、東京大学名誉教授)
    堀江敏幸(フランス文学者、小説家、早稲田大学教授)
    アンヌ バヤール=坂井(翻訳家、日本文学研究者、フランス国立東洋言語文化大学教授)
    カンタン・コリーヌ(翻訳家、フランス著作権事務所代表)
  8. 入賞者発表 平成30年1月末日
    • 入賞者には、平成30年1月末日発表前に直接、結果を通知する。
    • JLPPホームページにおいて、入賞者のプロフィール、審査評を掲載する。
  9. 問合せ先
    JLPP事務局(現代日本文学翻訳普及プロジェクト)
-
第3回JLPP翻訳コンクールFRANKFURT BOOK FAIR